札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局身体に優しくしっかり効くオーダーメイド漢方薬をご用意します

漢方専門なつめ薬局

よくある質問

PHYT'S よくある質問

PHYT'S よくある質問

PHYT'S フィッツに使用される化粧品成分・原料、製品、薬事法などについて、よくある質問をご紹介しています。漢方薬剤師として、ご使用になられる方にとって不安のないよう細かなところまでお答えさせて頂きますので、お気軽にご質問ください。なお、原料に関わるご質問につきましては製造記録などの確認となるため、ご回答までお時間いただく場合があります。

Question

フィッツに使われている原料について

Answer

植物や鉱物など自然界からの成分のみを使用し、合成の防腐剤・着色料・ゲル化剤・酸化防止剤・分散防止剤は使用していません。品質を保つためには、殺菌・防腐作用の高いハーブやエッセンシャルオイルを配合しています。

Question

柑橘系の精油が含まれているクリームなどをつけて、日光に当たっても大丈夫ですか?

Answer

成分に柑橘系成分が入っている場合、光感作(光毒性)を心配されます。PHYT'S製品では、日光により影響を受けるような量を含んでおりませんので、安心してお使いください。

Question

「○○アルコール」にはアルコールが入っているのですか?

Answer

現在、化粧品に使用されているいわゆる「アルコール」は、成分名として「エタノール」と表示されます。名前が「ヤシ油アルコール」や「セテアリルアルコール」と表示されている成分は、分子の構造上はアルコールに属しますが、実際は水にまったく溶けない成分で、外見は油状のものから、固体のもの、半固体のものなど様々で、乳化安定剤などの目的で配合されています。

Question

妊婦は使用を避けた方がよい製品はありますか?

Answer

妊婦の方の使用に注意が必要な精油については、配合量を考慮しており、安心してお使いいただけますが、気になる方はご使用をお控えください。

Question

使用期限は厳守?

Answer

使用期限はパッケージに記載しています。合成防腐剤を使用していませんので、使用期限内に使いきることをおすすめしています。

Question

スキンケアシリーズはラインで使用しないと効果がないでしょうか?

Answer

肌質別にご提案していますので、ラインでお使いいただくことをお勧めしますが、部分的に肌質が異なることもありますので、お好みで変えていただいても結構です。

Question

肌がかぶれたら、どうしたらいいですか?

Answer

万一、肌にほてり、かゆみ、痛み、腫れなどの症状が現れた時には、次のことの注意して、できるだけ早く皮膚科で診療を受けてください。

Question

目元・口元などのポイントメイクを落とすには?

Answer

フィッツのクレンジングミルク(フィッツレイドロネトワヤン)は、普通程度のメイク落としに適しています。濃いメイクやウォータープルーフタイプの場合は、専用のクレンジングでポイントメイクを落とされることをお勧めします。

Question

オイルやクリームを日中使用したら油やけしませんか?

Answer

フィッツ製品は植物から抽出したオイルのみを原料としています。油やけの原因になる石油系の鉱物油は使用していませんので、安心してお使いください。

Question

ローションをつけたらピリピリするのですが・・・

Answer

突然肌がチクチクやピリピリ、熱っぽい感じになった時は、スティンギングを起こしている場合があります。30分くらいで症状が消え、他にかゆみ、湿疹、かぶれなどがない場合は、お使いいただいても結構です。ただし、かゆみ、湿疹、かぶれはアレルギー症状がでていますので、ご使用は一旦中止し、お使いになられた箇所を水洗いするなど、対処が必要となります。
(スティンギングとは化粧品の成分で皮膚細胞が誤作動を起こし、ダメージがないのに痛みを感じさせる神経伝達物質を放出してしまった状態のこと。)

Question

乳液とクリームの違いはなんですか?

Answer

乳液とクリームの違いは、配合される水分と油分の比率により形状に違いがあります。 乳液(ミルク)はクリームに比べ、水分が多く、油分が少ないので伸びが良くさっぱりとした感触です。クリームは油分が多く半固形状で、こっくりとした感触です。PHYT'Sでは、フェイスクリームが4種類ありますが、C17クリーム・C308クリームの2種類は乳液に近いやわらかな感触のクリーム、ルビデルムクリーム・アブソリュークリームの2種類はこっくりとした感触のクリームです。

Question

化粧品全成分表示の目的は?

Answer

平成13年4月以降、欧米諸国の制度と調和を目指し、事前承認・許可制を廃止し規制緩和を図るため、化粧品を製造販売する際には、化粧品の配合成分を全成分表示することが義務付けられました。

Question

全成分表示のメリットは?

Answer

化粧品の成分名は全メーカー共通で表示されているので、化粧品選びのひとつの目安になり、配合成分を見て化粧品を比較したり、選んだりすることができます。

Question

全成分表示のルールは?

Answer

原則として、化粧品に配合されている全成分の名称を表示することが義務付けられています。 成分は、配合量の多い順に記載し、配合量が1%以下の成分は順不同です。

Question

全成分表示からわかることは?

Answer

化粧品はパッケージにすべての成分が記載されていますので、自分に適した商品を選択するのが容易になります。また、それとは逆に、トラブルが起こってしまった場合でも、その原因となる成分を判定しやすくなり、購入時の目安にもできます。

Question

「無添加化粧品」と「自然派化粧品」はどう違うのですか?

Answer

「無添加化粧品」とは、旧厚生省が指定したアレルギーなどを引き起こす危険性のある化粧品成分を抜いた製品を指します。危険性のある成分とは、防腐剤のパラベンなど「表示指定成分」(現在「旧表示指定成分」)といわれ、102種類あります。「自然派化粧品」とは、植物から抽出したエキスを配合した化粧品を指します。

Question

医薬部外品とは何ですか?

Answer

「医薬部外品」とは、次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって機械器具等でないもの及びこれに準ずる物で厚生労働省の指定するものをいいます。(1)吐きけ、その他の不快感、又は口臭もしくは体臭の防止 (2)あせも、ただれ等の防止 (3)脱毛の防止、育毛又は除毛 (4)人又は動物の保護のためにするねずみ、はえ、蚊

Go Up