札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

10/20/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #3

肝斑(かんぱん、カンパン)やその他のシミは、

 

生理不順や生理前症候群(PMS)、

ピルの服用、

生理痛、

妊娠、

ホルモンバランスの乱れ

ストレス、

血行不良、

睡眠不足、

慢性疲労、

冷え、

便秘、

日焼け、

化粧品かぶれ、

などが原因と言われています。

 

このように原因を並べた時に、
何か思うことはありませんか?

 

「あれ、私、いくつも当てはまる!」
そんな方は注意が必要です。

 

特に生理に関連するトラブルや子宮筋腫、子宮内膜症に対し、
西洋医学ではピルを主に使う事になります。
ですが、
ピルを使う事も肝斑の原因になるのです。

 

最近では、

低用量ピルだから安心と言われ服用している方も多いと思いますが、

低用量だから安全ではないのです。

用量が多いものよりは安全と言うだけで、

添付文書(一般の方が受け取る薬の説明書ではなく、製薬メーカーが医師・薬剤師向けに発行されている情報書です)には、

低用量ピルであっても、

依然として血栓症(心筋梗塞に代表される疾患)の恐れや乳がん検診の推奨など、

おそらく説明を受けていないであろう副作用・注意事項が記載されています(ピルの種類によって記載内容は異なります。ご自分が服用しているピルについて詳しく知りたい方は、

http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html
こちらのサイトで一般名・販売名の項目に薬剤名を入力して調べてください)。

 

生理不順などのトラブルも漢方薬で取り組みがあります。現在、肝斑(かんぱん、カンパン)やしみは無くても、原因となる症状や状況が続いているのであれば、漢方がオススメです。

 

しみ・シミが気になる方はご相談ください。

シミを改善する漢方薬があります。

ご相談は予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

Go Up