札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

10/21/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #4

さて、今回は、
漢方専門 なつめ薬局の漢方薬を服用した方の症例を紹介いたします。
 

40代の女性

生理前にイライラが強く、ピルの服用を開始した。生理痛も強い。経血の中に塊が出ることがある。日常的に、だるさ、昼間の眠気、夜間の不眠、便秘、ニキビ、冷え、腰痛がある。これらの症状は以前からの物で気にしていなかったが、顔にシミが出来て治らない。困っている。人目につく場所だし、化粧で隠すにも限界があり、不自然になってしまう。との、ご相談をお受けしました。

 

なつめ薬局の漢方薬を服用していただき、一ヶ月の頃に、冷えが気にならなくなり、夜が良く眠れるようになった。そのせいか、昼間も元気に過ごせる。とおっしゃっていました。

 

二ヶ月の頃には、生理痛が楽になり、経血に塊がでてこなくなった。シミも薄くなり始めた気がする。と。

 

半年後には、多くの症状が楽になり、しみも薄くなっていました。全体的に調子も良い為、現在も、軽めの製品を続けていただいています。
*経過は人それぞれ違いますので、参考としてご覧ください。

 

肝斑(かんぱん、カンパン)、しみの悩みから解放される為には、シミが出来てからではなく、予防する事が一番大事な事になりますので、シミが薄くなってからも、身体の状態を維持することが大切です。
 

維持するためには、食事・運動などの生活習慣がとても大切ですが、それが出来ない・不充分であるから症状があるわけです。
生活習慣の改善とともに、身体に優しい自然の恵みである漢方薬で取り組みを始めるのも方法の一つですよ。

 

しみ・シミを改善する漢方薬(2類医薬品)があります。

ご相談ください。

予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

Go Up