札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

1/9/2011

老化について ~其の弐~

其の壱では老化の基本的な状態について考えてみましたが、今回はよくある老化のケースについて考えてみます。

 

1、足腰が冷える・寒がり、足腰に力がなくフラツク、動作が緩慢であり、頻尿・夜間尿がある。胃腸が弱く、疲れやすい、腰痛がある。

2、手足や顔がほてる、寝汗をかきやすく、不眠。耳鳴りがあり、腰痛がある。

3、眠りが浅く、熟睡できない、夢が多い、不安感やイライラ、動悸があり、物忘れがひどい。

4、疲れやすく、くよくよ考え込んでしまう、気が弱く傷つきやすい、動きが緩慢、胃腸が弱く、食欲がない、動悸、熟睡できない。

5、イライラし怒りっぽい、気分が晴れずため息が多くなる。人の意見を聞かず、不眠、肩こり、頭痛、胃炎や胃潰瘍を繰り返す。

6、頭痛持ちで、唇や舌の色が暗い、血圧が高く、肩こりがある、静脈瘤があり、あざが出来やすい。脳梗塞や狭心症の既往がある。

代表的なケースを紹介しましたが、いかがでしょうか?ご自分に、もしくはご家族などに当てはまる方はいらっしゃいませんか?漢方では、全身に現れている症状や精神状態、体格や声なども処方選定の参考にいたします。気になる方は一度ご来局ください。

Go Up