札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

12/1/2017

営業時間・定休日・臨時休業などのお知らせ

下記のリンクからどうぞ

7/29/2016

薬局の掲示事項について

<薬局の管理・運営関係>

 

許可区分:薬局

 

開設者の氏名:株式会社 セヴェナル

 

薬局の名称:漢方専門 なつめ薬局

 

薬局の所在地:札幌市中央区南6条西11丁目 第2さっしんビル1階

 

許可番号:札保医許可(薬)第5034号

 

有効期間:平成27年7月1日~平成33年6月30日

 

薬局管理者:阿部 祐哉

 

勤務薬剤師

  阿部 祐哉/営業時常駐/健康相談・薬局医薬品製造及び販売を担当

  藤本 ちひろ/営業時常駐/健康相談・薬局医薬品製造及び販売を担当

  宝田 智亜紀/営業時常駐/健康相談・薬局医薬品製造及び販売を担当

 

取り扱う医薬品の区分:薬局医薬品、要指導医薬品、第1類医薬品、指定2類医薬品、2類医薬品、3類医薬品、当薬局で販売する一般用医薬品は最短1年以上の物を販売致します。薬局製造販売医薬品の使用期限は最短60日以上の物を販売致します。

 

勤務者の区分:名札に次のように記載/薬剤師は「薬剤師」と記載、登録販売者は「登録販売者」と記載、その他の有資格者はその資格を記載、一般従事者は「一般従事者」と記載します。

 

営業日:日・月・木・金・土曜日営業(定休日は火曜日と水曜日)

営業時間:11時~18時

 

時間外のお問い合わせ:「info@kanpou-natsume.jp」へEメールをお願い致します。返信可能なタイミングで返信致します。

 

営業時間外の販売:行いません。インターネットサイト等から営業時間外にご注文いただいた際には、営業時間になってからの対応となります。

 

通常相談時及び緊急時連絡先:「info@kanpou-natsume.jp」へEメールをお願い致します。

 

 

<薬局製造販売医薬品・要指導医薬品・一般用医薬品の販売制度関係>

 

・薬局製造販売医薬品

定義:薬局の設備・器具を用いて製造し、薬局で直接消費者に販売・授与する医薬品

陳列方法:法令により陳列は禁止されておりますので、陳列は致しません(見本等を陳列することはあります)。禁忌の確認や使用上の注意の説明など、薬剤師と相談の上で製造販売いたします。サイトにおいては、必要な情報の収集や、禁忌や使用上の注意の表示を行い、不明な点はお問い合わせをいただいた上で購入するように表示を致します。

情報提供する者:薬剤師

 

・要指導医薬品

定義:ダイレクトOTC、スイッチ直後OTC、毒薬、劇薬

陳列方法:ダイレクトOTC、スイッチ直後OTC、毒薬は当薬局では扱いがありません。劇薬は、薬局製造販売医薬品を製造する為に使用するもののみ扱っておりますので、一般陳列は致しません。また、サイトでの販売は致しません。

情報提供する者:薬剤師

 

・1類医薬品

定義:特にリスクが高い一般用医薬品です。当薬局では取り扱いがありません。

陳列方法:取り扱いがありません。

情報提供する者:取り扱いがありません。

 

・指定2類医薬品

定義:副作用などにより日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずる恐れがある医薬品(第1類医薬品を除く)。指定2類医薬品は、第2類医薬品のうち、特別の注意を要する医薬品です。

陳列方法:当薬局においては、禁忌の確認や情報提供を徹底する為に、購入者の手の届く場所への陳列は行わず、有資格者による相談・説明の上、販売いたします。サイトにおいては、禁忌や使用上の注意の表示を行い、不明な点はお問い合わせをいただいた上で購入するように表示を致します。

情報提供する者:薬剤師・登録販売者

 

・2類医薬品

定義:副作用などにより日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずる恐れがある医薬品(第1類医薬品を除く)。

陳列方法:法令上は直接手に取る事が出来る陳列で良いとされていますが、有資格者による相談・説明を行いやすい場所に陳列致します。サイトにおいては、禁忌や使用上の注意の表示を行い、不明な点はお問い合わせをいただいた上で購入するように表示を致します。

情報提供する者:薬剤師・登録販売者

 

・3類医薬品

定義:1類医薬品及び2類医薬品以外の一般用医薬品。

陳列方法:法令上は直接手に取る事が出来る陳列で良いとされていますが、有資格者による相談・説明を行いやすい場所に陳列致します。サイトにおいては、禁忌や使用上の注意の表示を行い、不明な点はお問い合わせをいただいた上で購入するように表示を致します。

情報提供する者:薬剤師・登録販売者

 

・副作用被害救済制度

医薬品の副作用等による被害を受けられた方を救済する公的な制度があります。

窓口:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

連絡先:0120-149-931

受付時間:月曜日~金曜日/9:00~17:30/年末年始・祝日を除く

 

・販売記録作成にあたっての個人情報利用目的

当薬局では、法令に基づき、販売記録を残しております。販売記録により収集した個人情報は、

アフターフォロー

新商品やキャンペーン、サービスに関するご案内・情報提供の為

商品の発送、ご利用代金の請求の為

上記の目的で取り扱います。

 

<薬局の外観>

1/10/2015

漢方化粧品 シコリーブ

天然保湿成分を含んだ化粧品です。

購入希望の商品名をクリックしてください。

購入ページへ移動できます。

 

『シコリーブスキンローション』

 

『シコリーブ薬用スキンクリーム80g』

 

『シコリーブ薬用スキンクリーム180g』

10/21/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #4

さて、今回は、
漢方専門 なつめ薬局の漢方薬を服用した方の症例を紹介いたします。
 

40代の女性

生理前にイライラが強く、ピルの服用を開始した。生理痛も強い。経血の中に塊が出ることがある。日常的に、だるさ、昼間の眠気、夜間の不眠、便秘、ニキビ、冷え、腰痛がある。これらの症状は以前からの物で気にしていなかったが、顔にシミが出来て治らない。困っている。人目につく場所だし、化粧で隠すにも限界があり、不自然になってしまう。との、ご相談をお受けしました。

 

なつめ薬局の漢方薬を服用していただき、一ヶ月の頃に、冷えが気にならなくなり、夜が良く眠れるようになった。そのせいか、昼間も元気に過ごせる。とおっしゃっていました。

 

二ヶ月の頃には、生理痛が楽になり、経血に塊がでてこなくなった。シミも薄くなり始めた気がする。と。

 

半年後には、多くの症状が楽になり、しみも薄くなっていました。全体的に調子も良い為、現在も、軽めの製品を続けていただいています。
*経過は人それぞれ違いますので、参考としてご覧ください。

 

肝斑(かんぱん、カンパン)、しみの悩みから解放される為には、シミが出来てからではなく、予防する事が一番大事な事になりますので、シミが薄くなってからも、身体の状態を維持することが大切です。
 

維持するためには、食事・運動などの生活習慣がとても大切ですが、それが出来ない・不充分であるから症状があるわけです。
生活習慣の改善とともに、身体に優しい自然の恵みである漢方薬で取り組みを始めるのも方法の一つですよ。

 

しみ・シミを改善する漢方薬(2類医薬品)があります。

ご相談ください。

予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

10/20/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #3

肝斑(かんぱん、カンパン)やその他のシミは、

 

生理不順や生理前症候群(PMS)、

ピルの服用、

生理痛、

妊娠、

ホルモンバランスの乱れ

ストレス、

血行不良、

睡眠不足、

慢性疲労、

冷え、

便秘、

日焼け、

化粧品かぶれ、

などが原因と言われています。

 

このように原因を並べた時に、
何か思うことはありませんか?

 

「あれ、私、いくつも当てはまる!」
そんな方は注意が必要です。

 

特に生理に関連するトラブルや子宮筋腫、子宮内膜症に対し、
西洋医学ではピルを主に使う事になります。
ですが、
ピルを使う事も肝斑の原因になるのです。

 

最近では、

低用量ピルだから安心と言われ服用している方も多いと思いますが、

低用量だから安全ではないのです。

用量が多いものよりは安全と言うだけで、

添付文書(一般の方が受け取る薬の説明書ではなく、製薬メーカーが医師・薬剤師向けに発行されている情報書です)には、

低用量ピルであっても、

依然として血栓症(心筋梗塞に代表される疾患)の恐れや乳がん検診の推奨など、

おそらく説明を受けていないであろう副作用・注意事項が記載されています(ピルの種類によって記載内容は異なります。ご自分が服用しているピルについて詳しく知りたい方は、

http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html
こちらのサイトで一般名・販売名の項目に薬剤名を入力して調べてください)。

 

生理不順などのトラブルも漢方薬で取り組みがあります。現在、肝斑(かんぱん、カンパン)やしみは無くても、原因となる症状や状況が続いているのであれば、漢方がオススメです。

 

しみ・シミが気になる方はご相談ください。

シミを改善する漢方薬があります。

ご相談は予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

10/19/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #2

肝斑(かんぱん、カンパン)と一般的なシミは、

西洋医学的には別の物であり治療法も異なる、

と考えられていますが、

漢方理論的には、

どちらも似た状態にあります。

 

それは瘀血(おけつ)という状態です。

 

そして瘀血(おけつ)は、

気の不足(気虚・ききょ)や停滞(気滞・きたい)、

血の不足(血虚・けっきょ)などから引き起こされると考えられています。

ですので、

この瘀血を改善する為に、

気虚・気滞・血虚を改善してあげれば、

瘀血が改善し、肝斑やその他のしみも良くなるというわけです。

この瘀血・気虚・気滞・血虚は漢方理論で用いる言葉ですから、

その改善方法が漢方薬にあるのは当然のことなのです。

 

シミ・しみが気になる方は、ご来局・ご相談ください。

予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

10/18/2013

シミ(肝斑 かんぱん カンパン) #1

シミ・・・

女性であれば、一度は気にした事があるのではないでしょうか?

最近であれば肝斑(かんぱん、カンパン)という言葉もテレビCMで耳にするようになりましたね。

この肝斑(シミ)という言葉。

最近できた言葉だと思っている方いらっしゃいませんか?

文字から肝臓が悪いのかしら?

なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、

漢方の世界では、

古くから認知されている皮膚の状態を表す言葉です。

 

そして、

肝斑の「肝」の文字は、内臓の肝臓ではなく、

五行説に基づく「肝」と言われています。

(諸説ありますが・・・)

 

つまり、

肝斑(しみ)は、

漢方薬で昔から治療が行われていたのです。

 

シミ・しみが気になる方は、ご来局・ご相談ください。

予約制です。ご予約は、

お電話:011-206-9759

メール:http://kanpou-natsume.jp/contents/contact.php

10/18/2013

PHYT’S オーガニックcosme

PHYT’Sのオーガニックコスメは100%天然由来成分です。

Phyt's cosme

10/18/2013

ウェブサイト・リニューアル!

漢方専門なつめ薬局のウェブサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
ウェブサイトデザインが新しくなり、漢方やオーガニックコスメ PHYT’Sのページも開設しました。
これからもどうぞ「漢方専門なつめ薬局」をよろしくお願いいたします。

9/30/2013

2013年10月のお休み

毎週火曜日と水曜日は定休日です。

それ以外のお休みは次の通りです。

 

10/24

 

以上の日は臨時休業となります。

Go Up