札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

2/1/2017

【うつ状態】を改善する漢方薬あります!

 

うつ,うつ病,不眠,不安,焦燥感,改善,漢方,漢方薬,札幌,札幌駅 

最近は、「うつ」という言葉をよく耳にするようになりました。それだけ、悩んでいる方が多いという事だと思います。
 

「眠れない」

「予定より早く目が覚める」

 

のも「うつ」の症状の一つだったりします。ですが、

 

「うつ状態」の時にどうしたら良いのか?
 

というのは、知らない方が多いようです。

 

 

多くの方は、
 

「疲れがたまっているだけ・・・」とか、
「忙しくて眠れていないだけ・・・」とか、
「これぐらい誰にだってある。私だけ辛いとか言えない・・・」とか、
 

そんな風に考えて、身体が発しているサインを無視する傾向にあります。そして、どんどん拗らせてしまい、仕事が出来ない、活動が出来ない等、どうにもならなくなって、心療内科や精神科を受診し、抗うつ剤を服用する方が多いようです。

 

ですが、
知っていましたか?
 

 

「うつ」は漢方薬で改善できるのです!

 

抗うつ剤だけが方法ではありません。

 

「うつかもしれない・・・」そう思った時が、

 

漢方薬を始めるタイミングです。

 

 

うつ状態の方に多くみられる症状を列記します。ご確認ください。

□ 寝るのに30分以上かかる日が週に3日以上ある
□ 寝ても眠りが浅いと感じる
□ 睡眠中に目が覚める事があり、そのまま眠れない事が週に3日以上ある
□ 起きる時間よりも早く目が覚める事が週に3日以上ある
□ 寝ても寝ても寝たりない。
□ 理由もなく悲しい気持ちになることがある
□ 食べ過ぎる強い衝動にかられる
□ 食欲がなくなく、食べるように努めなければ食べられない
□ 注意力が散漫になった
□ 小さな事すら決断できない事がある
□ 自分の欠点について常に考えている
□ 自分の趣味・好きな事に興味が無くなってきた
□ 頭の働きが遅くなっていると感じる
 

1つでも当てはまると注意が必要です。 

 

 

「うつ状態」を引き起こす要因は、人間関係、仕事環境、生活環境、まじめで勤勉な性格など様々ですが、最も大きな理由の一つにストレスが挙げられます。

時折、

「仕事が好きでストレスは感じていません」
「好きな事しかしていないので、ストレスはないです」

 

このようにおっしゃる方がいるのですが、こういう方は注意が必要です。ご本人の自覚がないだけで、ストレスは誰にでも確実にあるものです。このような方は、自分にかかっているストレスに気が付かないので、身体の負担になるような仕事・生活を続けてしまいます。そして、ある時、何かをきっかけに、強いうつ症状が発現する事が多いのです。

 

「うつ状態」は初期こそ、

 

「なんとなくだるい」

「なんとなくぼーっとする」

「ねむれない」

 

など、我慢すれば乗り越えられる症状ばかりですが、こじらせてしまうと、

 

「仕事が出来なくなる」

「人間関係を構築できない」

「死ぬ事を考える」

 

など、精神科入院が必要な状態に発展します。そうなっては、「うつ」の改善も難しいですし、社会復帰もかなり難しい状況となります。そうならない為にも、出来るだけ早い段階で取り組みを始めるのが大切です。

 

 

「うつ状態」になると、何をするにも、努力しなければできなくなります。

「自分はうつかもしれない」と感じたら、すぐにご相談ください。こじらせてからでは、相談することも努力しないとできないようになります。

 

また、ご本人でなくても、ご家族のなかで、「うつかもしれない」と感じる人がいましたら、本人任せにせず、ご相談ください。本人任せにしていては、結局何もせずに、こじらせてしまうというケースもあるのです。

 

「うつ」は漢方薬で改善できます。

こじらせて、強い症状が出る前に始めるのが大切です。ご相談ください。

 

繰り返しになりますが、

 

「うつかもしれない」

 

と感じた時が、漢方薬を始めるタイミングなのです。
*状況によっては、漢方薬で対応できないケースもあります。まずはご相談ください。

 

不定期更新ですが、ブログで健康に関する情報を発信しています

なつめさんの為になる漢方ブログ

 

【ご相談は予約制です。】

 

お電話:011-206-9759

メール:コチラをクリックしてください(問い合わせフォームが立ち上がります)

 

営業時間/11:00~18:00  定休日/火曜日・水曜日

 

 *土日・祝日は営業しています。学会や研究会などで臨時休業することもございます

 

 

 うつ,うつ病,不眠,不安,焦燥感,改善,漢方,漢方薬,札幌,札幌駅

 

【漢方専門 なつめ薬局の特徴】

 

1、使用している漢方薬は、原料である生薬からオーダーメイドで製造しているので、効き目がいい。

 

2、効能効果を認められた漢方薬(指定2類医薬品、2類医薬品、3類医薬品、薬局製剤)なので、品質が確かで、しっかり改善ができる。

 

3、予約制なので、しっかり話しができるので、訴えたいことをしっかり伝える事ができるので、納得できる

 

4、医薬品のスペシャリストである薬剤師(国家資格)が在籍しているので、病院の薬や市販薬との相互作用なども確認しながら漢方薬を服用できる。

 

5、薬剤師の中でも漢方薬に詳しいと認められた『漢方薬・生薬認定薬剤師』が在籍しているので、漢方薬の知識・経験が豊富である。

 

6、札幌テレビ放送(STV)の夕方のテレビ番組「どさんこワイド」の「どうあん先生の健康百科」に約2年間出演経験がある。

 

 

【症例・経験例など】

別のページにまとめてあります。→ コチラからご覧ください。

 

 

 

【ご利用方法】

皆さま一人一人とじっくり向き合う為に、予約制としています。

まずはお電話:011-206-9759へご連絡ください。

 

「ホームページを見ました。漢方相談がしたいので、予約をお願いします。」

 

と言っていただけると、スムーズです。

 

<ご相談当日の流れ>

1、ご予約の日時にご来局ください。早めに来て下さっても、お待たせしてしまうので、時間通りで結構です。

2、漢方相談を行います。「現在の状況」「これまでの経過・取り組み」「体質や生活習慣・生活環境」などを確認していきます。

3、相談で得られた情報を基に、漢方的な分析を行い、漢方薬や金額のご提案をいたします。

4、ご納得いただいた上で、購入していただきます。

5、すぐに渡せる漢方薬であれば、その場でお渡しいたします。オーダーメイド漢方薬の場合は、製造の関係で当日のお渡しはできません。後日のお渡しとなります。

6、次回のご予約をいただき、ご帰宅となります。

*お薬手帳や検査結果などがあれば、ご持参下さい。

 

 

 

【ご来局するには】

漢方専門 なつめ薬局

札幌市中央区南6条西11丁目1285-9 第2さっしんビル1階

 

札幌市中央区の石山通に面した1階路面にありますので、迷うことなくご来局出来ます。

地図はコチラをクリックして下さい。

 

 

≪公共の交通機関での来局≫

『地下鉄東西線 西11丁目駅』から徒歩8分です。

『地下鉄南北線 すすきの駅』から徒歩10分です。

『地下鉄東豊線 豊水すすきの駅』から徒歩12分です。

『じょうてつバスのバス停 南6条西11丁目』から徒歩2分です(上り線は0分です。本当に目の前です)。

『市電 中央区役所前』、『市電 西線6条』及び『市電 東本願寺前』から徒歩5分です。

女性の方、年配の方はもう少し時間がかかるかもしれません。

『札幌駅』、『大通』、『すすきの』からのご来局は、じょうてつバスのご利用が便利です。

 

 

≪お車でご来局の方へ≫

漢方専門 なつめ薬局には、駐車場がございませんので、近くの駐車場をご利用ください。費用はお客様のご負担となります。

 

 

 

 

【営業時間】

毎週火曜日と水曜日が定休日です。

営業時間/11:00~18:00

*土日祝日も営業しています。学会や研究会などで、稀に臨時休業することがあります。

 

 

 

【お問い合わせ】

お電話:011-206-9759

メール:ココをクリックしてください。

 

 

 

 【『漢方専門 なつめ薬局』のトップページへはココをクリックして下さい】 

Go Up