札幌・漢方専門なつめ薬局

札幌・漢方専門なつめ薬局では症状にあわせて漢方薬を自社製造し提供しています

漢方専門なつめ薬局

news

2/1/2017

あなたのツライ【頭痛】【片頭痛】は、漢方で治ります。

頭痛 漢方

 

【もし、あなたが、頭痛持ちで、その頭痛を頭痛薬で対処しているなら、寿命を縮めているかもしれません】

 

 

【頭痛薬で誤魔化しては頭痛問題は解決しない】

 

頭痛薬は、対処療法です。

多くの頭痛薬は、あなたが痛みを感じないようにしているだけで、

頭痛そのものは起きています。それをあなたが感じなくなるだけ。

痛みがあるのに、痛みを感じないのは、

とても恐ろしい状態だとおもいませんか?

 

頭痛が繰り返し起きていると、あなたの脳の血管が損傷しやすくなります。

血管が詰まってしまう脳梗塞

血管が破れて、頭の中で出血が起きる脳出血

高齢者に多いはずの認知症に早くからなる

等など・・・

頭痛薬を使用して、頭痛があるのに、痛みを感じなくしていると、

あなたが気がつかないうちに、

上記のような病気があなたに近付いているかもしれないのです。

 

 

【漢方と生活習慣の見直しで頭痛を改善するしかない】

 

では、頭痛持ちの方はどうしたらよいのでしょうか?

その答えは、頭痛体質を改善する、これしかありません。

根本的な頭痛体質を改善しなければ何の解決にもならないのです。

 

そして、

その頭痛体質を改善する方法が、

漢方専門 なつめ薬局にはあります。

もちろん、漢方薬の服用は必須ですが、

日常生活の中でも注意すべき点があります。

ご自身では気がつけない、生活習慣の落とし穴が、

今のあなたの状態を作ってしまったのです。

ほんの少しの気づきと行動、

そして、

漢方専門 なつめ薬局のオーダーメイド漢方薬を服用することで、

頭痛体質は驚くほど改善します。

 

 

不定期更新ですが、ブログで健康情報を発信しています

なつめさんの「ためになる漢方」ブログ

 

頭痛 漢方 

【漢方専門 なつめ薬局は唯一無二のオンリーワンの漢方薬局】

 

漢方専門 なつめ薬局は、

国家資格であり、医薬品の専門家である薬剤師が、

管理運営している漢方専門薬局です。

 

代表薬剤師である阿部は、

病院勤務時代に西洋医学の良いところ、悪いところを経験し、

想い感じるところがあり、

東洋医学の漢方薬で、患者様の力になりたいと考え、

漢方の道を歩き始めました。

ですので、

漢方薬の事はもちろん、西洋医学の薬の事も把握しています。

漢方薬の治療の方が良いのか?

病院での西洋治療が良いのか?

病院の薬と漢方薬の飲み合わせはどうか?

など、適切な対応が可能です。

 

さらに、阿部は、

日本生薬学会と日本薬剤師研修センターが認定する

漢方薬・生薬認定薬剤師でもあり、

北海道の人気情報番組どさんこワイドの漢方コーナーにも出演*しておりました。

ですので、

漢方専門 なつめ薬局の漢方薬は、

病院のすぐそばにある調剤薬局とも、

至る所にあるドラックストアとも、

登録販売者が管理する薬店とも、

保険診療に縛られる病院やクリニックとも、

異なります。

*現在は出演しておりません

 

漢方専門薬局ならではの、

漢方専門 なつめ薬局で製造するオーダーメイド漢方薬**が、

あなたの頭痛体質を改善します。

**オーダーメイド漢方薬とは、薬局製造医薬品と呼ばれる医薬品です。 

 

【症例紹介】

 

≪ ケース1、40代の男性の場合 ≫

小学生の頃には、すでに頭痛で悩んでいたので、30年以上頭痛と付き合っている。不規則に発作が起きるが、天気が悪くなる時には必ずなる。頭痛がする前には、胃のムカムカ、嘔吐、鼻詰まり、視力低下が起きる。頭痛はガンガンと脈打つような痛み方をする。頭痛の時には、病院で処方された頭痛薬をずっと使用してきた。今は点鼻薬(鼻にシュッと使う薬の事です)を使っているが、だんだん効き目も弱くなってきた。この状態が続いているので、仕事を休むことも有り、会社、同僚にも申し訳なく思っているし、なによりも自分自身が辛い。という状況でご相談をいただきました。日常生活での行動改善と、漢方専門 なつめ薬局のオーダーメイドの漢方薬***を服用していただきました。初めの頃は、「なんとなく発作が少ないかな?効いているのかよくわからない」という事でしたが、6か月過ぎる頃には、発作の回数が少なくなった実感を持つようになりました。その後も、漢方薬は減量して続けていただいておりますが、現在では、ほとんど頭痛もなくなり、疲労とストレス、天候等の悪条件が重なった時だけとなっております。

 

 

≪ ケース2、30代の女性の場合 ≫

20代の後半頃からの頭痛が辛くなってきた。それまでは、生理の時に頭痛がする程度だった。肩こりがひどくなってくると、頭痛もひどくなるが、それ以外でも不定期に頭痛がする。頭痛がすると、少し動くだけでも、頭に響くので、動きたくない。いつ発作が出るか怖いので、外出も控えるようになってしまった。仕事にはなんとか行っているものの、本当なら休みたい。頭痛の時には、病院で処方された頭痛薬を使っていたが、効き目が弱くなってきた気がする。先日、頭痛とともに、頭蓋骨のつなぎ目が開いている感じがあり、脳外科を受診した。異常は無いということだったが、このまま頭痛が繰り返したり、頭痛薬を使い続けるのが不安になった。という状況でご相談をいただきました。この方にも、日常生活の行動改善と、漢方専門 なつめ薬局のオーダーメイド漢方薬***を服用していただきました。この方は、始めてから1ヶ月ほどで、すぐに発作回数が減りました。ですが、少ない回数で発作が続く為、漢方薬を選びながら続けていただいたところ、6か月頃には、気にならないまでに発作は出なくなりました。現在もお肌のスッキリ感の為に漢方薬は減量して続けております(漢方薬はお肌にも良いんです)が、頭痛対策は、しなくとも維持が出来ております。

***ケース1、2ともにオーダーメイドの漢方薬は薬局製造医薬品という医薬品を使用しています。

 

 

【頭痛の辛さを気にせず過ごす事、それは、あなたの当たり前の権利です】

 

頭痛の症状は、人それぞれ異なります。

ここで紹介したケースが、あなたにピッタリ当てはまる事は無いと思いますが、

一例として紹介させていただきました。

ピッタリと当てはまらなくても大丈夫です。

様々な頭痛で悩む方が、ご相談にいらしており、

改善しております。

頭痛の辛さ・不安に怯える事無く、元気に日常を過ごす。

そんな当たり前の生活をあなたも手に入れる事が出来るのです。

 

 

【札幌 漢方のなつめ薬局の仕組み】

 

漢方専門 なつめ薬局の漢方相談は、

原則、来局していただき、対面による相談ですが、

札幌近郊よりも遠くにお住まいの方の場合は、

お電話によるご相談後、宅急便でお届けする対応もしております。

来店相談、電話相談のいずれも予約制となっておりますので、

ご希望の日時が決まりましたら、

ご連絡をお願い致します。

 

ご予約は、

お電話:011-206-9759

E-mail:ココをクリックしてください。メールフォームが立ちあがります。

 

なお、漢方相談は混雑しております。

ご希望の日時が取れない事がございますので、

早めのご予約をおすすめ致します。

 

 

【札幌 漢方のなつめ薬局へのアクセス】

漢方専門 なつめ薬局

札幌市中央区南6条西11丁目1285-9 第2さっしんビル1階

 

札幌市中央区の石山通に面した1階路面にありますので、

迷うことなく、ご来局出来ます。

地図はコチラをクリックして下さい(グーグルマップが起動します)。

 

≪公共の交通機関での来局≫

『地下鉄東西線 西11丁目駅』から徒歩8分です。

『地下鉄南北線 すすきの駅』から徒歩10分です。

『地下鉄東豊線 豊水すすきの駅』から徒歩12分です。

『じょうてつバスのバス停 南6条西11丁目』から徒歩2分です

  (上り線は0分です。本当に目の前です)。

『市電 中央区役所前』、『市電 西線6条』及び『市電 東本願寺前』から徒歩5分です。

女性の方、年配の方は、もう少し時間がかかるかもしれません。

『札幌駅』、『大通』、『すすきの』からのご来局は、

じょうてつバスのご利用が便利です。

 

≪お車でご来局の方へ≫

漢方専門 なつめ薬局には、駐車場がございませんので、近くの駐車場をご利用ください。費用はお客様のご負担となります。

石山通沿いの駐車場は60分200円です。

南6条通沿いの駐車場は60分100円です。

 

 

【営業時間】

毎週火曜日と水曜日が定休日です。

営業時間/11:00~18:00

*土日、祝日も営業しています。学会や研究会などで、稀に臨時休業することがあります。

 

 

 

【お問い合わせ】

お電話:011-206-9759

メール:ココをクリックしてください(メールフォームが立ちあがります)。

Go Up